YouTube

SONY VLOGCAM ZV-1購入して使った感想メリットとデメリット【レビュー】

SONY VLOGCAM ZV-1購入して使った感想メリットとデメリット【レビュー】
SONY VLOGCAM ZV-1購入して使った感想メリットとデメリット【レビュー】

ソニーが2020年6月19日に発売したデジタルカメラVLOGCAM「ZV-1」、実機レビュー

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥82,560 (2024/06/13 15:29:22時点 Amazon調べ-詳細)

ZV-1は、いわゆるVlog(ブイログ)に特化したデジタルカメラで、「商品レビュー用設定」「背景ぼかし」機能が特に魅力的です。

「商品レビュー用設定」は、顔の前に商品を掲げると自動的にフォーカスを商品に切り替えてくれる機能です。一方、「背景ぼかし」はボタン一つで背景をよりぼかすことができ、プロフェッショナルな映像表現が可能になります。
今回は、SONY VLOGCAM ZV-1の使用感を中心に、オススメのポイントとデメリットについてお伝えします。♥

ZV-1の種類

このカメラには、ワイヤレスシューティンググリップがセットになった「ZV-1G」モデルも同時に発売されています。

ZV-1は2種類〜

ZV-1

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥82,560 (2024/06/13 15:29:22時点 Amazon調べ-詳細)

ZV-1G

ZV-1Gのパッケージ

私が購入したのは、「VLOGCAM ZV-1G」というセットです。
パッケージはVlogカメラを意識したポップなデザインで、カラフルなカラーが目を引きます。

ZV-1Gの同封物

このセットには、自撮りを簡単にアシストしてくれるアクセサリーのシューティンググリップ GP-VPT2BTと、バッテリー「NP-BX1」がもう一つ入っています。全て上のポップな箱に入っています。

シューティンググリップ GP-VPT2BT
シューティンググリップ GP-VPT2BT
バッテリー 「NP-BX1」
バッテリー 「NP-BX1」

このカメラの特徴

  1. バリアングル液晶モニター:ソニーのコンデジにはこれまでになかった、バリアングル液晶モニターを搭載しています。
  2. 商品レビュー用ボタン:商品レビュー時に便利な「商品レビュー用ボタン」があり、物体にすぐにピントが合います。
  3. 背景のボケ用ボタン:「背景のボケ」をワンタッチで切り替えられる機能が搭載されています。
まさに、ユーチューバーやオンラインでコンテンツを配信する人向けに設計されたデジタルカメラです。動画だけでなく、写真機能も申し分ありません。詳細は後ほどご紹介します。

ZV-1の価格

「VLOGCAM ZV-1」の価格は現在98,000円(税抜)、「VLOGCAM ZV-1G」はは現在98,000円(税抜)となっています。

VLOGCAM ZV-1の主なスペックとRXM100IVとの比較

VLOGCAM ZV-1のパッケージはこのような感じです。

本体のサイズは105.5(幅)×60(高さ)×43.5(奥行)mmで、重量は約294g(バッテリー「NP-BX1」、メモリーカードを含む)です。本体のみの重量は約267gです。ウインドスクリーンやウインドスクリーンアダプターなどが付属しています。

製品名 ソニー VLOGCAM ZV-1 ソニー RX100 IV (DSC-RX100M7A)
発売日 2020年06月19日 2018年07月13日
予想価格 単体: 9万1000円前後、キット: 10万4000円前後 11万円前後
シリーズ VLOGCAM サイバーショット・RX100
センサー 1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)
ローパスフィルター ○(予想)
画像処理エンジン BIONZ X(ビオンズ エックス)、フロントエンドLSI
画素数 2100万総画素、2010万有効画素
最大記憶画素数 5472×3648px
35mm判換算の焦点距離 24~70mm
焦点距離 9.4~25.7mm 8.8~25.7mm
絞り値 F1.8(ワイド端)~2.8(テレ端)
レンズタイプ ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ、ツァイス T*コーティング
レンズ構成 9群10枚(AAレンズ3枚を含む非球面レンズ9枚)
NDフィルター ○(3段分)
最短撮影距離 5cm(ワイド端)、30cm(テレ端)
ズーム 光学: 約2.7倍、デジタル: 11倍 光学: 約2.9倍、デジタル: 11倍
ISO 標準:125~12800、拡張80~25600
連写 Hi: 約24コマ/秒、Mid: 約10コマ/秒、Low: 約3.0コマ/秒 Hi: 約24コマ/秒、Mid: 約10コマ/秒、Low: 約3.5コマ/秒
バッファメモリー 未確認 233枚
オートフォーカス方式 ファストハイブリッドAF(像面位相差AF+コントラストAF)
AFモード AF-Aモード(AF-SとAF-Cをカメラが自動切替)、フォーカスエリア「ゾーン」(ピントを合わせたいゾーン位置を指定)
オートフォーカス速度 未確認 0.05秒
測距点 315点(像面位相差AF)、425点(コントラストAF) 315点(像面位相差AF)、25点(コントラストAF)
ファインダー 電子式ビューファインダー0.39型 (235.9万ドット/視野率100%/倍率0.59倍)
シャッタースピード 1/2000~30秒
電子先幕シャッター
電子シャッター 1/32000~30秒
サイレントシャッター ○(予想)
アンチディストーションシャッター
バルブ撮影
セルフタイマー 2、5、10秒
撮影枚数 モニター時: 260枚 130分 モニター時: 220枚 110分、ファインダー時: 210枚 105分
モニター自動オフ機能 モニター時: 410枚 205分
バッテリー NP-BX1
RAW ARW
JPEG
カメラ内RAW現像
RAW+JPEG
動画機能 4K(3840×2160) 30p 100Mbps、フルHD(1920×1080) 60p 50Mbps
画素加算のない全画素読み出し4K動画 ○(約1.7倍の情報量からオーバーサンプリング)
4K動画の撮影時間 約5分
ハイフレームレート ハイスピード動画: 960/480/240/120fps(フルHD)
ファイル形式 XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠
音声記録方式 XAVC S: LPCM 2ch、AVCHD: ドルビーデジタル(AC-3) 2ch(ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載)
動画機能 ガンマ表示アシスト、ゼブラ、S-Gamut3.Cine/S-Log3、S-Gamut3/S-Log3 ガンマ表示アシスト、ゼブラ、S-Gamut/S-Log2
手ぶれ補正 光学式、動画時光学式手ブレ補正(アクティブモード対応) 光学+電子併用・回転方向対応
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様
モニター 3インチ (92.16万ドット) 3インチ (122.8万ドット)
可動式モニター バリアングル チルト(上方向180° 自撮り撮影に対応、下方向45°)
タッチパネル
電子水準器 ○(水平垂直方向)
顔検出/瞳AF ○(人物のリアルタイム瞳AF、一部の動物もリアルタイム瞳AFに対応)
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
NFC
GPS
Bluetooth 4.1
QRコード
測光 「マルチパターン」「中央重点」「スポット(標準/大)」「画面全体平均」「ハイライト重点」
PlayMemories Camera Apps
起動時間 約1.6秒 約1.4秒
撮影タイムラグ 0.16秒 0.07秒
撮影間隔 0.41秒 0.36秒
USB充電/給電 ○(撮影、再生)
記録メディア SDXCカード、メモリースティック
その他 背景ぼけ切り換え、商品レビュー用設定、顔優先AE、美肌効果、タイムラプス、HLG(Hybrid Log-Gamma)、リアルタイムトラッキング(AI機能)、スキントーン(肌色)、インターバル撮影、縦位置情報記録 プロキシー動画、マイメニュー登録機能、フォーカスエリア登録、縦横フォーカスエリア切換、静止画に5段階のレーティング、(★1-★5)、オートホワイトバランス(「標準」「雰囲気優先」「ホワイト優先」から選択)、レンズ部のコントロールリング、モードダイヤル
105.5mm 101.6mm
高さ 60mm 58.1mm
奥行き/厚み 43.5mm 41mm
質量/重さ 267g、294g(総重量) 272g、299g(総重量)
マイク端子 ○(3.5mmステレオミニジャック)
アクセサリーシュー マルチインターフェースシュー
インターフェイス マルチ/マイクロUSB端子、USB2.0、HDMIマイクロ

マクロ機能もここまで撮れる

1インチセンサーもここまで撮れたら一眼レフも必要ない!?

ワイヤレスシューティンググリップ(三脚)

GP-VPT2BT

シューティンググリップ GP-VPT2BT

ZV-1Gに同梱されているシューティンググリップは、Bluetooth対応で、ケーブル不要な自由度の高い撮影を実現します。さらに、三脚機能も付いています。

ZV-1G 同梱のバッテリー

NP-BX1

バッテリー 「NP-BX1」

ZV-1のデメリット・気に入らない点

  1. バッテリーとSDカードの取り出しに難あり:
    三脚を使用した際、アルカスイスのプレートがバッテリーやSDカードのスロットを塞いでしまい、取り出すのが非常に困難です。毎回プレートを取り外さなければならず、これが非常に面倒です。
  2. マイク用ウィンドスクリーンの耐久性に問題あり:

    マイク用のウィンドスクリーン(もふもふの毛)ですが、一度本体から取り外しただけで毛が抜け始めました。抜けやすく、耐久性に不安があります。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥82,560 (2024/06/13 15:29:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!